京都観光

  •  
  •  
  •  
  •  

京都国立博物館

日本が誇る古都である京都府には数えきれない数の神社やお寺があります。どこの神社もお寺も大変魅力的であり、できるだけたくさん訪れようとしたら時間が足りないことはまず間違いないでしょう。
京都を訪れたのであればできる限りたくさんの文化財を見て回りたいですよね。そこでコンパクトに京都にまつわる文化財を拝観したい人には京都国立博物館の観光をオススメします。京都国立博物館は京都市東区にありまして交通のアクセスも優れており訪れやすくもあります。

一度耳にした事のある文化財も京都国立博物館にあります

さて京都国立博物館の開館は1897年の明治30年と100年以上も過去になります。主に所蔵展示されているものは古くから存在している神社やお寺から寄託・寄贈された貴重な文化財です。それらの文化財の多くは平安から江戸に作り出されたものになります。
様々ある中で有名なものは日本書紀・万葉集・古今和歌集でしょう。古典や日本史では必ず一文を目にした経験のある書物ですね。

また閻魔天を中心とした閻魔天曼荼羅図、鎌倉時代の神職の様子を表した作品である若狭国鎮守神人絵系図、古典で馴染み深い江戸時代の俳人であった与謝蕪村が手掛けた奥の細道図も所蔵されています。訪れる前には改修や展示変更作業中などではないかなど博物館側のスケジュールを確認するようにしましょう。

堅苦しいだけではない博物館

博物館という施設・空間は一見堅苦しく保守的に感じられるかもしれません。しかし京都国立博物館はそのような博物館に止まらない活動をしています。

最近では現代の映像技術の賜物であるプロジェクションマッピングを駆使して風神雷神を描く記念芸術展の開催が行われるなど型にとらわれない前衛的な面も持っています。この新旧表現の融合は素晴らしいものでありました。このように大切に文化財を保護し将来へ受け継ぐ活動ばかりではなく、日本が長年培ってきた特有の歴史・芸術を日々進化する技術で発信する京都国立博物館。私たちの知性・感性を刺激して楽しませてくれる企画展示を開催していますのでぜひ予定を確認しつつ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

【開館時間】

火曜日~日曜日 午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

【観覧料】

名品ギャラリー観覧料 

個人 団体(20人以上)
一般

520円

410円
大学生 260円 210円

【休館日】

毎週月曜日、年末年始
※ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館とします。