京都観光

  •  
  •  
  •  
  •  

知恩院

法然が祖である浄土宗、その総本山である知恩院は京都市東区にあります。本尊は法然上人像で建てられたのは1175年の承安5年です。本堂は国宝、重要文化財には木造阿弥陀如来立像などが指定されており知恩院を訪れた際には拝観すべき品々になります。

知恩院にはあの人々が力添えをしていました

知恩院にゆかりある法然。法然は現在の岡山県に産まれて比叡山で修行をしました。数々の僧が国外へ修行へ渡りましたが法然は比叡山で修行を極め、ずっとそこで籠っていたのです。そして比叡山を下りたのは法然が43歳の時でした。13歳で比叡山に入山しているので気が遠くなるくらいの月日を比叡山にて過ごしていたのには驚きます。その後法然は宗派間での諍いに巻き込まれ流罪になるなど苦難に遭いました。しかし流罪に負けず布教に努め、人生を浄土宗に捧げたのでした。

また知恩院にゆかりある人物には法然以外に徳川家康や秀忠がおり、彼らの計らいにより規模の拡大が行われたとの記録が残っています。特に江戸時代に栄えた徳川家の力添えは強大だったので何度か知恩院は火災による焼失に遭っているものの、消える事無く再建されています。

知恩院には春の訪れを知らせるあの鳥がいます

知恩院では国宝や重要文化財が見どころですが、『聞きどころ』もあるのをご存じでしょうか?その聞きどころでは春先に独特の鳴き声を囀ずる鳥をいつでも感じられます。一体どのような鳥か気になりますがそれは『うぐいす』です。知恩院の御影堂付近の大方丈方向へ進むと廊下があります。この廊下を歩くとうぐいすが囀ずるような音が聞こえるのです。これは鶯張りの廊下と呼ばれています。ちょっと歩いただけでも軋みからうぐいすが囀ずるかの様には趣が感じられるのではないでしょうか?余談ですが廊下をうぐいすに囀ずられないように歩いてもどうしてか鳴き声が聞こえるそうです。秘密で廊下を通りたい者にとってうぐいすは何の趣も無かったに違いないでしょう。

この鳥も知恩院に関係があります

うぐいすの他にもう一羽知恩院にまつわる鳥がいます。それは日本人に馴染み深い『雀』です。さきほどの鶯張りの廊下付近にある大方丈、そこのふすま絵に狩野信政が描いた雀と菊の絵があります。雀は実物にそっくりで、元々絵の中にもっとたくさんの雀が居たと言われています。不思議な話ですがあまりにも実物にそっくりだったことから、描かれた雀が命を得て空へ飛び立っていったとの言い伝えがあるのです。もしかしたらあなたが京都で見かけたすずめは知恩院の抜け雀かもしれません。